メニュー

医療安全管理
医療安全管理

医療安全管理室

医療安全管理者は、医療機関の責任者から委譲された権限に基づいて、安全管理に関する医療機関内の体制の構築に参画し、委員会等の各種活動の円滑な運営を支援する業務を行っています。
また、医療安全に関する職員への教育・研修、情報収集と分析、対策の立案、事故発生時の初動対応、再発防止策立案、発生予防および発生した事故の影響拡大の防止等に努め、これらを通し、安全管理対策を組織内に根づかせ機能させることで、医療機関における安全文化の醸成を促進する役割を担っています。

医療安全管理者の主な業務

  • 安全管理体制の構築
  • 医療安全に関する職員への教育・研修の実施
  • 医療事故を防止するための情報収集、分析、対策立案、フィードバック、評価

医療安全管理指針

当院における安全管理に関する基本的考え方-総論

良質な医療は、1.医療水準 2.医療の安全性 3.患者さまの満足度の三要素よりなると考える。そのひとつである医療の安全性は医療関係者各個人の注意深さと慎重さへ依存される。しかし、“To error is Human”(過誤を犯すのが人間である)という言葉が示す通り、うっかりミス・思い込みによるミス等は人につきものであり、そのようなミスが医療の安全性を損なわない様防止するには、組織的な安全管理対策を構築する必要がある。

その目的は、

  1. 二重チェックの体制等により個人のミスが事故発生に直結することを未然に防止する。
  2. 発生した事故に迅速に対応して患者さまの被害を最小限度に止める。
  3. さらに、職場環境を整備して人為的な過誤や院内感染を防止することである。

医療安全対策を有効に機能させる為に欠かせない条件

  1. 管理者の事故防止に対する意思を全職員に徹底する。
  2. 医療行為を行う時、各個人が他に依存せず、確認を怠らない。
  3. 安全管理対策の目的・対象・内容を解かりやすく明文化する。
  4. 事故及びインシデント(防止された過誤)の事例を集積、分析する。
  5. 事故とインシデントについてオープンに論議し、情報を共有できる風土を作る。
  6. 医療の安全性ならびにその管理対策に関する教育・啓発を職員に絶えず実施する。
  7. 医療の質を向上させる他の院内活動と連携する。
  8. 医療の質を向上させる他の委員会等の組織を設け、その組織の権限を明確化する。

委員会・組織に関する基本的事項

本院における医療安全対策と患者の安全確保を推進するために、本指針に基づき本院に以下の役職および組織等を設置する。

  1. 医療安全管理者
  2. 医薬品安全管理者
  3. 医療機器安全管理者
  4. リスクマネージャー
  5. 各部署セーフティマネージャー
  6. 委員会組織
    (1)医療安全管理対策委員会
    (2)医療安全対策委員会の下部組織
    ① 院内感染対策委員会
    ② リスクマネージャー委員会
    ③ 褥瘡対策委員会
    ④ 輸血療法委員会
    ⑤ 身体拘束対策委員会
    (3)医療事故対策委員会
  7. カンファレンス
    医療安全管理部門カンファレンス

従業員の研修に関する基本方針

  1. 職員に対し1年に2回以上、医療安全に関する知識向上の為の医療安全研修会を実施する。また、委託業者への研修として、1年に1回医療安全・感染対策・個人情報保護等の研修を実施する。
  2. 院内広報活動により危機管理情報の普及ならびに徹底を計る。
  3. KYTトレーニングを継続的に実施し、リスクの軽減化、安全な医療の提供をしていく。

事故報告等、医療安全確保を目的とした改善方策に関する基本方針

  1. 日常診療の場で、誤った医療行為などが患者さまに実施される前に発見されたもの、実施されたが、患者さまに影響を及ぼすに至らなかったもの、患者さまの心身に影響を及ぼしたもの全てにおいて、全職員(嘱託職員を含む)から自発的な報告を行う。
  2. 報告については「インシデント・アクシデント報告システム」を使用する。報告をもとにリスク把握―分析・評価―対応―再評価を、組織全体で継続的な事故防止・業務改善活動として行う。
  3. 委員会・カンファレンスで提案された改善策・予防策を部署の職員へ早期にフィードバックし、事故防止対策の周知・徹底を行い医療安全の向上を図る。

医療事故発生時の対応に関する基本方針

  1. 事故発生時は患者の救命および安全確保を第一に行動する。
  2. 正確な事実を時系列で診療録、看護カルテ等に記載する。
  3. 家族への説明は状況に応じて担当者を決定し、患者・家族から説明を求められた場合は担当者が説明を行う。説明を行った者が説明内容を記録する。
  4. 事故の報告については事故レベルに応じで医療安全管理マニュアルに定められたルートで報告を行う。

医療従事者と患者との間の情報の共有に関する基本方針

  1. 本院における「医療安全管理指針-総論」は院内掲示し、この指針に基づき安全管理マニュアルを作成する。
  2. 患者・家族より医療安全管理マニュアル閲覧の求めがあった場合はこれに応じ、各窓口にて閲覧可能とする。

患者からの相談対応に関する基本方針

  1. 医療従事者と患者との対話の促進し、患者またはその家族等に対する支援体制を構築するため、患者相談窓口を設置する。

その他医療安全の推進のための基本方針

  1. 医療関係学会、団体等が提供する医療安全に関する情報を収集し職員へ周知する。
  2. 医療安全に関する研修会への参加を促していく。

(2019年2月1日 改訂)

PAGETOP