メニュー
健康情報
健康情報
2歳までに100%かかる?!RSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、秋頃から始まり年末にかけてピークに達して春まで続くとされてきましたが、近年では夏より流行が始まるようになってきています。

RSウイルス感染症とは

RSウイルス感染症とは、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。
RSウイルスは生涯に何度も感染・発病を繰り返します。2歳までにほぼ100%のお子さんがRSウイルスに1度は感染するとされています。

症状

多くは微熱やくしゃみ、のどの痛みなど「かぜ」の症状でおわることがほとんどです。

症状が重くなると下記のような症状が出現します。

咳がひどくなる

喘鳴が出る

呼吸困難

更に重症化すると細気管支炎、肺炎などの重篤な症状を引き起こすことがあります。
初めて感染発症した場合は重くなりやすく、特に1歳未満のお子さんは重症化のリスクが高いため注意が必要です。

感染経路
飛沫感染

RSウイルスに感染している人の咳やくしゃみ

接触感染

感染者と直接接触、または汚染されたドアノブやおもちゃを介して間接的に接触することで感染

治療方法

対症療法が基本となり、症状を抑えるための治療が行われます。

予防方法

手洗い

うがい

消毒

マスクの着用

まとめ

ご自身は軽い症状で済んでも、お子さんは重症化してしまう危険性があります。
特に小さなお子さんのいるご家庭では、日頃から手洗い・うがいをおこない、感染予防を心がけましょう。

提供:メディアコンテンツファクトリー

PAGETOP